妊娠線クリームでストレッチマークを予防・消す!


妊娠線の予防と対策がしたいけど、どの妊娠線クリームを使えばいいのかわからないとお悩みではないでしょうか?

妊娠してお腹が大きく張ってくるのと同時に、お腹周りに出来る妊娠線は多くの方の悩みの種です。

一度出来たらなかなか消えない妊娠線を防ぐには妊娠クリームが一番です。今回は妊娠クリームについての正しい使い方から選び方、そして妊娠線の予防法もご紹介します。

今回で気になる妊娠線についての知識と予防法をマスターしましょう!

そもそも妊娠線が出来る原因って?


妊娠線の予防法や対処の仕方を知る前に、まずは妊娠線が出来る原因を知ることが大切です。妊娠期にあなたの体(特にお腹)は急成長しますよね。

その成長速度に肌が耐えることが出来なくなった時に妊娠線は起きてしまうのです。つまり肌のすぐ下にあるゴムのように弾力ある繊維が壊れてしまって、その結果妊娠線が出来てしまいます。

さらに繊維が壊れることによって潤いも失います。だから妊娠線はゴワゴワしていて、乾燥しているのです。

10か月の妊娠期という短い間に平均して約10~13kgも体重が増加します。この短期間の体重増加が体、特に著しく変化が生じる胸とお腹に妊娠線を残すのです。

妊娠線が出やすいのは胸とお腹ですが、その他にもお尻、太もも、背中、腕にも妊娠線が出来ることがあります。妊娠線は赤色や紫の線として出来る傾向にあり、妊娠期が終わるとその線は白やグレーに薄れていきます。

妊娠期にはしっかりと体重を増やすことが重要です。しかし急激に体重が増加すると、妊娠線はできやすい傾向にあります。そのため体重増加の計画を立てて実行することが妊娠線予防につながるのです。

妊娠線が出来やすい人ってどんな人?

もしかしたらすでに妊娠線に悩んでいる方もいるかもしれませんね。

しかし、妊娠線が出来ているからとそれほど悲観的になることはありません。アメリカの皮膚科学学会によると約90%の女性が妊娠6~7か月頃に妊娠線に悩むことが明らかになっています。

また妊娠線には遺伝も関わってきます。つまりあなたの母親が妊娠線に悩んでいたのなら、あなたも妊娠線が出来る可能性が高いということです。

さらに妊娠線は赤や紫なので、色白の人の方が目立ちやすいです。

妊娠線クリームは3つの成分が効果の秘訣!


妊娠線クリームの主な効果は妊娠線の予防です。妊娠線はそのガサガサした見た目から分かるように、肌の潤いが不足しています。

弾力ある繊維の破壊、潤い不足が妊娠線の主な問題、逆を言えばこの2つを徹底的に予防すれば妊娠線は防ぐことができるということですね。

妊娠線クリームは肌に効率よく水分を与え、体の増大に伴う肌の引っ張りに繊維が耐えることができるようにするのです。

またすでに妊娠線が出来ていてもクリームを塗り続けることによって妊娠線を目立たなくすることができます。

妊娠線クリームの中にはコラーゲンを再構築して、妊娠線を薄めて目立たなくさせる働きがあるものもあるのです。

妊娠線クリームの主な目的は予防ですが、妊娠線を目立たなくさせるという目的で使用することも可能です。しかし白い妊娠線は古く薄れていっているものです。それに妊娠線クリームを使用することは時間とお金の無駄だと言えます。

ほとんど全ての妊娠線クリームにはコラーゲン、脂肪酸、ビタミンが含まれています。

妊娠線クリームもメーカーによって含まれている成分は様々です。妊娠線クリームを選ぶ際には成分に注目するのも大事です。そこでここからは妊娠線クリームに使用されている主な成分の解説を致します。

各成分がどのように妊娠線に効果をもたらすのかを知ることは必ず妊娠線クリーム選びの助けとなります。

1.コラーゲン

コラーゲンと言えばプルプルのお肌には欠かせない成分として有名ですよね。そんなコラーゲンは肌の柔軟性を高める働きがあるのです。

前述の通り、妊娠線は肌の真下にある柔軟な繊維が壊れることで起きるのです。

対策をしないとコラーゲンが失われ、徐々に切れていく繊維ですが、コラーゲン入りのクリームを塗ることによって繊維の柔軟性と引っ張り強さを高めるのです。

2.脂肪酸

脂肪酸は人間の大きなエネルギーのもとですが、妊娠線予防にも大きな働きをします。

脂肪酸は肌の保湿に大きな役割を果たし、脂肪酸の不足は乾燥肌にもつながるのです。さらに脂肪酸は肌細胞の膜を強めるだけではなく、柔軟性も高めるのです。

3.ビタミン

ビタミンは妊娠線を予防するのに大きな役割を果たします。ビタミンと言っても種類は様々ですが、妊娠クリームには主にビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが含まれています。

ビタミンAは特に妊娠線を薄めるのに効果的だと考えられています。ビタミンAは新たな肌細胞の成長を促し、柔軟性と力強さを肌に加えます。妊娠線にはもちろんですが、ビタミンAは肌自体にもいい成分です。

ビタミンAはしわを薄め、吹き出物を減らすという効果があります。

ビタミンCは肌の結合組織を修復する手助けをします。ビタミンCは食事から摂取することも可能ですが、摂取量には注意しないといけません。

ビタミンCの過剰摂取は下痢を引き起こす可能性があります。また妊娠時には食欲を失う方も多いので、ビタミンC入りの妊娠線クリームがベストだと言えます。

ビタミンEは新たな肌細胞の成長を促し、肌に柔軟性と弾力性をもたらします。

ビタミンEもまた食事から摂取することが可能ですが、直接ビタミンE配合のクリームを塗ることが最も効率的に肌組織の栄養レベルを上げることができる方法です。

妊娠線クリームはいつからいつまで使えばいい?


多くの方が悩むのがいつから妊娠線クリームを使用すればいいのか、そして妊娠線クリームをいつまで使用すればいいのかということです。

ほとんどの方はお腹が大きくなり始める、つまり安定期に入ったころから塗り始めればいいと考えています。

しかしそれは正しい考え方でしょうか?

妊娠線クリームはいつから塗る?

妊娠線クリームの使用開始時期は早ければ早いほどいいです。というのも妊娠線クリームの最大の目的は、体重増加に伴い起きる妊娠線の予防です。実際に妊娠1か月未満の時期からクリームの使用をする方も少なくはないです。

可能ならば妊娠初期と呼ばれる4か月までには、妊娠線クリームの使用を開始するのがいいでしょう。

妊娠5か月~7か月の間に妊娠線が出来る方が多いですが、乾燥肌の方や肌代謝が良くない方は妊娠初期のころに妊娠線が出来ることもあるのです。また冬は自然と誰もが肌乾燥を引き起こすので要注意です。

そして注意するべきなのが臨月期。実は妊娠初期から注意深く妊娠線クリームを塗っていた方も、臨月期に妊娠線をつけてしまったという方は多いのです。何故なら大きくなったお腹のおかげで下腹部が見えなくなるからです。

またお腹ばかりケアをしてしまって、太ももやお尻、胸などのケアが十分に行われない時期でもあります。いつも妊娠線はお腹だけにできるものではないということを頭に入れておくといいですね。

結論を書くと、妊娠線クリームは妊娠初期の段階から塗り始めるのを絶対におすすめします。遅くても4か月までには使用を開始しましょう。

早めの塗り始めが、一度ついたら常に気になる妊娠線を防ぎます。

妊娠線クリームはいつまで塗る?

妊娠線クリームをいつまで塗るべきなのかは悩みどころですよね。多くの方が出産後に妊娠線クリームの使用をやめてしまいます。

しかし産後に妊娠線が現れるということも多々あるのです。そのため理想としては出産後1~2か月は肌の様子を見ながら妊娠線クリームを使用するのをおすすめします。

妊娠線クリームの塗り方と使いかた


せっかく妊娠線クリームを使用していても誤った使い方をしていては効果がありません。

産婦人科医などからもすすめられる妊娠線クリームですが、正しい使用方法まで教えてくれるところはあまりありません。

ここからは妊娠線クリームの効果を十分に得ることができる使い方をご紹介します。

妊娠線クリームの適量は?

妊娠線クリームはたっぷりと塗り込むことが大切です。節約したいがために少量を薄く塗りこむという気持ちも分からなくはありませんが、それでは効果があまり出ません。

そのため効果が出ない分、お金の無駄になってしまいます。妊娠線クリームは少し贅沢に感じるくらい、たっぷりと塗りましょう。

妊娠線クリームの使用頻度と塗るタイミング

専門家は妊娠線クリームを1日に2回塗り込むのがいいと考えます。朝服を着替える前に1回と、夜寝る前に1回がオススメですね。

お腹が大きくなってくると、どうしても少しの動作で疲れてしまいます。もちろん妊娠線クリームを塗るのも例外ではありません。そのため服を脱いでお腹が出たときに、クリームを塗ると負担も少ないです。

一番おすすめの塗るタイミングは、お風呂、もしくはシャワー上がりです。まだお肌が少し湿っているくらいの時に妊娠線クリームを塗ると効果は抜群です。

その理由は以下の通りです。

私たちの表皮細胞には誕生から垢として抜け落ちる一連のサイクルがあります。

眠っている時でさえ肌細胞は皮膚から剥がれ落ちるのです。そのためシャワーやお風呂に入ることで肌の一番上にある層(=角層)がより剥がれ落ちることは言うまでもありませんね。

また保湿効果の少ない石鹸の使用、タオルでごしごしと体を拭くと必要な角質まで剥がれ落ちてしまいます。

しかし妊娠線クリームをお風呂やシャワー後に使用すると、剥がれた角質を補うことができるだけではなく、乾燥の過程で起きるマイナスの影響を和らげることができます。

さらにお風呂後には余分な角質や汚れが落ちているので、妊娠線クリームがより深い層まで浸透しやすくなっています。

最後に妊娠線クリームには保湿成分があります。保湿成分には水分を閉じ込めるという働きがあります。

つまりお風呂上がりの少し湿った状態の肌にクリームを塗ると、クリームがまだ肌に残っている水分を閉じ込めるのです。したがってお肌により多くの水分が蓄えられるというわけです。

以上の理由でお風呂上りに妊娠線クリームを塗るのを、多くの専門家が勧めています。

妊娠線クリームの塗り方

妊娠線クリームはたっぷりと取って適当に塗ればいいというわけではありません。

まずは適量を手に取って、両手に馴染ませます。その後優しく妊娠線が出来やすい場所に馴染ませていきましょう。

お腹はもちろん、胸、お尻、太もも、背中などです。一度に多量をつけると、ムラが出てしまうので数回に分けて行います。以下がクリームの塗り方の詳細なステップです。

1.まずはお腹にクリームを塗っていきます。適量を手に取ったら、片手をお腹の上部へ、もう片方の手を下腹部へ置きます。

そして円を描くように優しくお腹をマッサージしながら、手の位置を入れ替えます。

ポイントは手のひらだけではなく、指をも使ってお腹全体をマッサージしていくことです。

これを5回程度繰り返します。

2.お腹にクリームを塗り終わったら、次はお尻へクリームを塗ります。

お尻に塗る時もまた、手全体を大きく使って円を優しく描きます。これもまた5回程度繰り返しましょう。

3.その後も同じ要領でお尻から、太ももへと移り、最後に胸や腕、そして背中などの妊娠線が出来やすい場所にクリームを塗っていきます。

クリームで厚い層を作り、肌の奥深くまでクリームが浸透するのがベストです。

そのため丁寧に行えば、10分から20分はかかるはずです。

そしてクリームを塗る際に気をつけなければいけないのは2点。まずはクリームが塗りにくい場所である背中にもしっかりと付けるということです。

意外と背中にクリームを塗る人は少ないのですが、背中の皮膚は妊娠期によく伸縮されるので妊娠線が非常にできやすい場所です。

そして妊娠線が目立つ場所でもあるので要注意ですね。

2点目が臨月期には十分に時間をかけてより丁寧にクリームを塗るということです。臨月期に妊娠線が出来る人は非常に多いです。

パンパンに膨らんだお腹のため、それまで見えていた下腹部が見えなくなります。また疲労、出産に対する不安から妊娠線クリームを塗らなくなる日が出てきがちなのもこの時期です。

しかし臨月まで頑張ってクリームを塗り続けてきたのだからこそ、最後まで頑張って毎日塗りましょう。

臨月期には下腹部だけではなく、太ももなども塗りにくくなります。

もし1人で塗るのならば鏡を見ながら、じっくりと時間をかけて、可能ならば旦那さんに協力してもらってクリームを塗るのがいいですね。

妊娠線クリームと普通のボディクリームの違い


そもそも普通のクリームと妊娠線クリームの違いは何?と疑問に思いませんか。

普通のクリームは妊娠線予防に効果はないのでしょうか?ここからはそのような疑問に答えていきます。

妊娠線クリームはより浸透力が高く安心

妊娠線クリームは浸透力が普通のクリームよりも非常に高いです。

妊娠線クリームも大きく分類分けすると普通のものと同じ保湿クリームです。

保湿クリームは表皮に潤いを与えるというのが大きな目的。それは妊娠線クリームも同じですが、妊娠線クリームはさらに深い肌組織にまでいい影響を与えるように作られているのです。

前述したように妊娠線を防ぐためには肌の奥深くある層や繊維に潤いを与え、柔軟性を高めなければいけません。

普通のクリームは肌の一番上にある層の表皮だけを保湿するのに最適ですが、それ以上深くまでは浸透しません。しかし妊娠線クリームは表皮に潤いを与える、且つ深層部まで成分が浸透していくのです。

さらに妊娠線クリームは一度できた妊娠線を薄めるという効果もあります。これは妊娠線に特化しているクリームならではの数々の成分のおかげであり、普通のクリームでは期待できません。

また妊娠線クリームは妊婦が使用することを前提にしているものなので、妊娠中でも安心して使用することができます。妊娠期には匂いに敏感になり、匂いが強い普通のクリームでは吐き気を催す方もいます。

妊娠線クリームは匂いが弱く、低刺激のものなので、基本的には妊婦の方でも安心して使用することが可能です。

普通のクリームは妊娠初期のころなら使ってもOK

妊娠線クリームは妊娠初期のころから使用するのが望ましいですが、妊娠2~3か月までは市販のクリームを使用してもOKです。

しかし前述したように、妊娠初期のころから妊娠線が出来る方もいるので、自分の肌と相談しながら普通のクリームを使用するのかどうか決断する必要があります。

妊娠中期からは妊娠線が出来る確率が高まり、食事から摂取した栄養分が皮膚組織まで行きわたらなくなるので妊娠線クリームの使用を絶対におすすめします。

妊娠線クリームの代用はバターがおすすめ

妊娠線に関するものならば、妊娠線クリームに勝るものはありません。しかし普通のクリームの中でも妊娠線に高い効果をもたらすものもあります。

海外ママに大人気で、一番のおすすめがシアバター、もしくはココアバターです。

妊娠初期には妊娠線クリームを使用したくはないけど、高い効果を期待したいという方にはこの2つのクリームがオススメです。これらのクリームには高い保湿効果があります。

ココアバターはカカオ豆から抽出された天然の油脂が配合されています。シアバターもまたシアの木の実から抽出された天然の油脂が含まれているのです。

これらの油脂が肌の再生活動を活発にします。高い保湿効果と肌細胞の成長を促すので、普通のクリームの中でも妊娠線予防対策にはピッタリだと言えます。

その他にもニベアの青缶を妊娠初期のころに使用する方も多いです。保湿効果が高い、加えて値段もかなりお手ごろなので贅沢にたっぷりと使用できるのがニベアの魅力。

ニベアに含まれている成分は妊婦にも安全で、匂いも弱いので多くの妊婦に好まれています。

ココアバターも、シアバターも、そしてニベアもあくまで妊娠初期におすすめの代用クリームです。可能ならば妊娠初期のころから妊娠線クリームを使用するのが望ましいです。

海外の妊娠線クリームについて


多くの日本の芸能人が海外の妊娠線クリームを使用しているので、もしかしたら海外の妊娠線クリームの購入を考えている方もいるかもしれません。

しかし海外の妊娠線クリームを購入する際には気を付けなければいけないことがあります。それは匂いです。どうしても海外の妊娠線クリームは匂いが強めのものが多いです。

また薬局やスーパーなどで販売していないものが多く、ネットショップでの購入になることが多いので、実際に匂いの確認をすることもできません。

さらに値段も国内産のものよりも高めに設定されています。これは海外から輸入をしないといけないからです。それに加えて、クリームがなくなった時にすぐに購入することができないというデメリットも出てきます。

しかし日本の芸能人や海外セレブのように出産後も妊娠線がない美しいボディを保ちたいですよね。

実は日本の妊娠線クリームでもそれは可能なのです。注意するべきことはシラノール誘導体が入っているものを選ぶことです。

シラノール誘導体はほとんどの海外妊娠線クリームに入っている成分であり、この成分が海外の妊娠線クリームを優れたものにしているのです。

シラノール誘導体には肌に必要なコラーゲンを再構築する働きがあります。つまり妊娠による体重増加の際に起きる、皮膚の伸縮で傷ついた繊維や組織(=妊娠線の原因)を回復する働きがあるのですね。

このシラノール誘導体は海外の化粧品メーカーなどの研究によって明らかになった成分であり、シラノール誘導体が妊娠線に有効というデータも出ています。

海外製の妊娠線クリームは高くて、気軽に購入できませんが、シラノール誘導体の国内妊娠線クリームを選ぶことによって海外製のものと同等の効果を得ることができるのです。

妊娠線クリームと一緒に実践したい妊娠線を予防する方法


妊娠線クリームを使用するだけでも妊娠線をかなり予防することができますが、加えてあることを行うと確実に妊娠線を防ぐことができます。妊娠線クリームと一緒に実践したいことは主に3つです。

マッサージ

すでに紹介しましたが妊娠線クリームを使用しながらマッサージを行うのはかなり効果的です。クリームを優しく塗りながら、こするようにマッサージを行いましょう。

普通のマッサージとは違い、プレッシャーをかける必要はありません。

クリームを肌の奥深くまで浸透させるようなイメージで行います。

お腹にクリームを塗る時は、赤ちゃんに話しかけながら行うとコミュニケーションも深まるのでおすすめです。

食生活

食生活に少し気をつかうだけでも妊娠線の予防になります。まずはたくさんのお水を飲むことです。

お水をたくさん飲むことは体にいいと聞いたことがある人もいると思います。お水は体内の老廃物を流し新陳代謝をよくする作用があります。

また単純にお肌を保湿するには水が必要なのです。妊娠中は意識的にお水を摂取するようにしましょう。

食事では先に述べたビタミンや脂肪酸が入った食べ物を摂取するのをおすすめします。

例えばホウレンソウ、人参、ナッツ類、サツマイモ、イチゴ、マンゴー、クルミ、そして卵はビタミンが豊富に含まれているので、妊娠線対策フードと言っても過言ではありません。

その他にも牛乳、ブロッコリー、魚、豆腐などのスーパーフードもお腹の赤ちゃんのために食べなければいけません。

運動

妊娠時に運動をすることで様々な効果を得ることができます。運動を行うことで陣痛をも和らげることができるのです。

さらに運動は肌の柔軟性を保ち、血行の流れを良くします。何よりより多くの酸素を体内に取り入れることが可能になります。

酸素を体内に取り入れることは肌と赤ちゃんにいい効果をもたらします。より多くの酸素と高まった血行の流れは肌の柔軟性を高めるので、妊娠線予防に効果的なのです。

また運動をすることで体重管理も行うことができるので、急激な体重増加による妊娠線の恐怖におびえる必要がなくなります。

もし妊娠中に運動を行うことを考えるのならば、まずはお医者さんに相談を行ってください。お医者さんの指示に必ず従ってください。

妊娠線クリームでストレッチマークを予防・消す方法まとめ

多くの妊婦を悩ませる妊娠線は出来てしまっては遅いです。妊娠線クリームを使用して、早めの対処を行うことが妊娠線しらずの体つくりのカギとなります。

多くのメーカーが妊娠線クリームを販売していますが、大切なのは成分にこだわることです。

今回は妊娠線クリームの効果と使用方法、そして妊娠線予防方法を紹介しました。ぜひ今記事を参考にして効果的に妊娠線予防を行ってください。